初心者同然ガンプラブログ

初心者同然なおっちゃんが素組み中心のガンプラ製作ブログをつづります。

ガンプラ プラモデル 初心者同然製作記

【初心者同然ガンプラ】クレオス ガンダムマーカーエアブラシシステムを使ってみた!(塗装練習その2)【レビュー】

投稿日:

LINEで送る

前回でガンダムマーカーエアブラシシステムのレビューを終わらせようと思っていたのですが、

いろいろ大きな発見があり、1回分伸びてしまいました。

それでは続き、行ってみましょう。

 

まずはじめに爪を白くしていきます。

もともとは水色のパーツでしたがそこに白を吹いていきました。

こちらの画像は2回ほど吹いたのですが、十分白になりました。

もともとが水色なので白に近いということもあるのですが。

黒などの濃い色でも2回吹けば元の色は十分隠せるのではないでしょうか?

次、腕と足の関節(?)です。

こちら黒にしました。やすり掛けの後は消えているとは思いますが、やはりサフを吹くか、もっと細かい目でやすり掛けをしたほうがいいかもしれません。

 

普通、エアブラシと言うのは、

色を変えるたびに本体を外して前の塗料をすべて洗って、また塗料を薄め液で薄めて、ブクブクさせて、

といった作業をしなくてはなりません。

手間を省くためにも、同じ色のパーツはそのまま一気に塗装してしまうというのが一般的です。

色を変えてしまってから「あ!1個パーツ塗装し忘れた!」なんてことになったら非常にめんどくさいです。

ましてや塗料を廃棄してしまったなんてことになると、色を作り直さなければいけません。

微妙に色が変わってしまうこともあるかもしれません。

しかしこのガンダムマーカーエアブラシシステムは「ペン」なので色を変えるときは

差し替えればよいだけ!

本体の洗浄も必要ありません

なので「あ!1個パーツ塗装し忘れた!」なんてことが起きても元の色を差し替えて塗装すれば大丈夫なんです!

本体の掃除をせずに色を変えられるのは簡単でいいですよね。

しかも「ペン」なのでふたを閉めれば保存できますし、基本的には色も変わりません。

まあ、そこは前回にのある色のバリエーションが少ないと言うデメリットにもなってしまうのですが。

 

ではペンを差し替えて違う色を塗っていきましょう。

胸の排気ダクトです。

こちらも黒に。

 

胸部装甲です。コックピットハッチを塗り分けしようとマスキングしてます。

なんだか包帯みたいです。

ですが(やっぱり)うまくいきませんでした。

ここは僕の技術の問題です。エアブラシシステムは悪くありません(T_T)

白塗ってから青塗ったんですが、滲みました。

ガンダムマーカーは乾きは早いと思います。

1度塗って5分もしないうちにもう触ることができ、指紋も付きません。

短時間で触ろうとする僕も僕ですが、初心者の方はつい触ってしまうこともありますよね?

もちろん触らずにしっかり乾燥させたほうがよいです。

 

といいつつ、乾いたと思い、違う色を吹いてしまった結果です。

マネしないでくださいね。

ということで一通り塗装終わりました。

と、いまさら気づいたことですが、

部屋があまり臭っていないんです。

もちろん塗装するので窓を開け、換気もしてはいるのですが、

本当に「ペン」を使ってるぐらい、と言ったら大げさかもしれませんが、

いわゆる「シンナー臭」は少ないように感じました。

 

クリアラッカーを吹いていきます。

学習能力ないのでしょうか?

またやらかしてます。

完全に乾ききる前にクリアを吹いたら、

塗装が溶けてきてしまいました。

ちゃんと乾燥させてからやりましょう。

クリア吹いたら塗装の粗さが結構出てきてしまいました。

濃いところ、薄い所が出てきてしまっています。

やはりガンダムマーカーとは言え、2回、3回と塗装したほうがよさげですね。

もちろん僕の塗装技術が低いということもあるのでもっと練習していきたいと思います。

クリアを吹いたときにやはり「臭い」に差がありましたね。

クリア吹いたとたんやはり部屋が臭くなりました。

ガンダムマーカーだけだとあまり臭いが出ないのでしょうか?

 

墨入れします。

ズゴック自体、あまり墨入れする所はあまりないですかね?

ちゃんとした方はちゃんとされるのでしょうが。

 

と言うわけでとりあえず完成です。

ランバラルカラーなんて言ってましたが、量産型の色が濃くなっただけですね(T_T)

胸部の塗装が失敗してしまい、塗料の厚盛感が出てしまってますね。

バックショット。

手先(爪の根元)の色が変わってしまっているのもこれはこれでいい感じです。

やはり最後にクリアを吹かないと基本的にはマットな感じに仕上がります。

お約束のポーズ(笑)

 

 

いろいろメリット、デメリットを紹介していきましたが、


ガンダムマーカーエアブラシシステムは

買い !

だと思います。

ただし初心者の方。

比較的安価で、しかも本体の掃除、色の差し替えの簡単さで考えたらとても良いと思います。

このズゴックは本当に僕のエアブラシ塗装の初めてのキットです。

自分でいうのもなんですが、初めてでここまでできれば上等かと。

片付けもらくちん!

ただ、このエアブラシシステムがある程度うまく使いこなせたら、

普通のエアブラシが欲しくなることは間違いないですね。

と言うことは導入時としては、やはり買い!だと思います。

もっときれいな作品でレビューできたらよかったんですけど、

本当の初心者が使ったところがお伝え出来たかと思います。

必ずまた「ズゴック ランバラル機」をリベンジしたいと思います。

 

ごきげんよう。

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ガンプラ, プラモデル, 初心者同然製作記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ガンプラ初心者集まれ!】HG 1/144 ガンダムを作っていこう!(後編)

HG 1/144 RX-78-2 ガンダムを製作しています。 作中で言うと「ガンダムAパーツ」ですね。 本日は下半身へと進め、完成に持っていきたいと思います。   左足から作っていきます。 …

RG ガンダム製作記 その6

どうも。まさです。 本日から上半身の製作に入りたいと思います。   と思ったらいきなりの難所が。 これに これを貼る。 指の太い僕は難儀しました。。 何しろパーツが小さいので手に持って貼ると …

【初心者同然ガンプラ】ウィングガンダム ゼロ(エンドレスワルツ版)を作ろう!(その7)

やはり僕なんかが墨入れなどしないで 素組みのまま飾ったほうがきれいだし、かっこいいし、 作ったキットに申し訳なくなってきますが、 twitterやらインスタグラムを見ていると、 皆さんすばらしいものを …

塗装ブースを自作してみた!

以前、サーフェイサーを吹いて、部屋の中が白く粉っぽくなってしまった時に、 「塗装ブース何とかしなきゃだめだな?」 と思いました。 いろいろ調べたけれど、 結構いいお値段するんですよね^^; でも シン …

no image

【ガンプラ】ウィングガンダム ゼロ(エンドレスワルツ版)を作ろう!(その2)

前回、簡単ではありますが、ランナー紹介をさせていただきましたが、 今回は製作に取り掛かっていきましょう。 ちなみに「素組み」と言う言葉が出てきましたが、 「素組み」とは、基本的には「改造などをせずにそ …

スポンサードリンク

サイト管理人

管理人:まさ
血液型:O型

ガンプラは作っていたが、塗装も墨入れもしない「素組み」ばっかりやっていた初心者同然のおっちゃん。仮面ライダーも好き。
マイクラにもハマリ中(これも初心者)

スポンサードリンク